1. >
  2. >
  3. 美容師に向いている人

美容師に向いている人

美容師に向いている人

器用であることは必須なのか?

美容師というと器用でなければならないというイメージが強いのか、自分は不器用だからという理由で諦める人も最近は増えているようです。
しかし、美容師になるために最も大切なのは器用かどうかではなく、探究心を持ち長く続けていけるかどうか、ということが最も大切なことなのです。
美容師は全員器用に思えますが、実際はそうでもないこともあります。
美容業務において、1番必要となってくるのは全てをクリアするために反復練習するという作業なのです。
同じように、芸術的なセンスやトレンドについての知識なども大切ですが、これらも反復練習や学習意欲によって十分身につけることができるのです。

最も困難なアシスタント時代

美容師になるには、アシスタント・見習いとして数年間下積みをする期間が必要です。
この間は、休みやお給料などの面だけ見ても、良い環境であるとは言えないことが多く、美容師になりたいと希望している人の大体はこの下積み期間中に諦めてしまいます。
お客様の担当になるという美容師ならではの喜びを知らないまま、アシスタントで辞めていく人は美容師とは呼べず、いかにこの苦しいアシスタント時代を乗り越えるかということが、美容師としてのスタートに立つための最低限の難所になっているとも言えるでしょう。

このような辛いアシスタント時代を乗り越えていく人たちには、いくつかの特徴があります。
その1つとして、毎日の業務をただの作業として行うのではなく、自分で業務の中から楽しいことを見つけて仕事を面白いと感じてこなしていける、というものがあります。
下積み時代は精神的、肉体的にとても楽とは言えないですが、その中でも業務を楽しんで行うことができる、というのは非常に大切なことなのです。
この理由について、たとえて言うならば、1番最初にお客様と接する機会が多くなる業務はシャンプーですが、これをただ「髪を洗う」という作業としてこなしてしまうと、まるで自分が機械になったような気持ちになり、モチベーションが下がってしまうのです。
そして、このように下がったモチベーションは、考え方が変わらない限り上げることは困難となってしまいます。
ところが、これをシャンプーをしている時にお客様が寝てしまうくらい気持ち良いと感じてもらえるようなシャンプーをする、お客様が自分を覚えてくれるような会話をする、お店においている商品を宣伝し売り上げに貢献するなど、自分でないとできないアピール、やりがいというようなものを見つけることによって、毎日の業務が楽しいと感じることができるようになります。

このように、美容師として最も必要な要素とは、器用さでも芸術的センスでも知識でもなく、何にでも楽しさを見出すことができ、楽しみながら続けていくことができるかどうか、であると言えるでしょう。