1. >
  2. >
  3. 美容師の勤務形態

美容師の勤務形態

美容師の勤務形態

美容師の勤務、拘束時間の問題

美容師だけでなく、全ての職業において勤務時間には労働基準法による制限があります。
特殊な勤務体制の職業などでは特例もありますが、基本的には週に40時間、1日に8時間とされており、休憩時間も必ず取るように法律での規定があります。
ですが、美容室でこの労働基準法をきちんと守ることができているところは少なく、社会問題となっているというのが現状なのです。
美容師の勤務・拘束時間の問題には、これ以外に技術の向上のために残業することを半ば強制している、という美容室があることも挙げられます。
就労規約に記載されている労働時間に対して、実際の拘束時間が多くなっているという美容院も多いのです。

技術向上のための練習は、お客様が店内にいる時間には当然できません。
中には練習するためだけのブース、スタジオがあり、勤務時間内に時間を取って練習させてもらえる美容院もありますが、こういったところは非常にまれです。
このため、美容師はそのほとんどが美容院の営業が終わってから、技術向上のために時間を作っていたり、後輩に技術を教えたりといったことのために残業を無給で行っているのです。
その練習の内容次第では、休日さえ返上して練習するというようなこともありますし、その際には当然ながら講師としてスタイリストも拘束されることになってしまいます。

勤務時間についての考え方や交渉について

このように、一般的な企業であれば問題となりかねないようなこともある美容業界ですが、美容師の多くは休日に休んでいたとしてもアートに触れたり、人脈を広げる努力をしていたりと、普段から仕事に関係するような努力を続けてもいます。
そのため、単純に拘束時間が長いことがマイナスのイメージだけではなく、人生を通して美容師という職業に打ち込んでいるという見方もできるのです。
本当に美容師という職業が好きであれば、どんなに拘束時間が長くても、苦にならないと言えるかもしれません。
もちろん、それでも休みは必要ですし、あまりに拘束時間が長いのは実際に問題になっていますから、誰もが良しとしているわけではありません。

大体の美容院で、営業時間の前後1時間ほどは勤務時間となる、と考えても良いような状況があります。
ですが、交渉し契約する時に了承されれば、パート、面貸しなどといったフリーランスとしての働き方もできます。
スタイリストになっていれば、そういった働き方を希望する場合は、勤務時間を自分で設定してお店側と交渉してみることです。
当然ながら、そのような要求を受け入れてもらうためには、そのお店にとってその要求を飲むだけの魅力的で必要である人材でなければなりませんので、見習い・アシスタントでは交渉することも難しいでしょう。