1. >
  2. >
  3. 美容師の給料

美容師の給料

美容師の給料

美容師の平均的な年収、待遇とは?

厚生労働省が調査した結果によれば、平成25年時点での美容師の平均的な年収は280万円となっています。
これに対して、一般企業の平均的な年収は400万円ほどであるとされていますので、美容師は収入面だけ見れば、恵まれているとは言えない職業でしょう。
それだけでなく、福利厚生の制度をきちんと整えられていない美容院もまだまだ多く、公休であっても講習や撮影などで休めない、有給の消化もできない、ということも少なくありません。

平均的な年収だけでなく、生涯を通しての収入も考えに入れてみると、独立できれば若い人でも高収入は望めるため、けして悪いとは言えなくなってきます。
独立できなくても、やり方次第では高収入も狙えるのが、美容師という職業です。
ですが、雇われている間の収入の低さが気になる、自分の労働に対して評価を早く欲しいと考える人の場合、美容師を続けていくこと自体が非常に困難になってきますので、慎重になる必要があると言えるでしょう。

初任給やランクごとの給与について

平均的に見ていくと美容師の給与は低いと言えるのですが、ずっと低いままというわけではありません。
給与の変動で大きな要素となるのは、職位、人気、経験といったものです。
美容師はアシスタント時代が給与も低く、辛い時期であるとよく言われますが、このアシスタント時代の給与は初任給で手取りが10万円前後とも言われています。
ただ、これは表参道、青山などにあるような有名店の場合で、地方の美容院で新卒のアシスタントであれば、初任給でも手取りで17万円ほどと比較的高い給与になっているという傾向があります。

逆に、美容師で最も給与が多いのはやはり経営者であると言えるかもしれません。
多店舗展開しているようなオーナーともなれば、年収が2000万円を超えるとも言われ、これは店舗展開しているオーナーの中でも1割ほどだと言われています。

そして、スタイリストになると基本給は20万円ほどとなります。
ここに、月の売り上げに対するインセンティブがつきますが、ボーナスは支給される美容院はほとんどありませんので、月給だけが頼りであるという人も多いです。

スタイリストになってから、さらに売れっ子であるトップスタイリストになれれば、年収が1000万円を超えるという人も中にはいます。
あくまでも、ごく一部の本当に実力、人気のある人だけの話ではありますが、頑張り次第ではそのくらいの給与がもらえる仕事である、と言えるでしょう。
ちなみに、一般的なスタイリストは、最大年収が800万円ほどと言われています。