1. >
  2. >
  3. ケアリスト

ケアリスト

ケアリスト

ケアリストとは、お客さまのヘアケアやスカルプケアを専門に行う人をいいます。
基本的には、美容室でカットやカラーなどは行わず、ケアメニューのみを専門に行う人がケアリストといわれています。

ケアリストの仕事

「健康な髪は地肌から」とよくいわれますが、自宅で地肌ケアをするのも限界がありますし、しっかりとケアをしているつもりでも、頭皮の状態はあまりよくない、と感じている方は多いもの。
そこで活躍するのがケアリストです。

最近では「ヘッドスパ」という施術がかなり一般的になり、たくさんの美容室で施術が行われています。
多くの美容室では美容師がカットやカラーなどと並行してヘッドスパの施術も行いますが、ケアリストはこの施術のみを行うのですね。
ヘッドスパの施術も幅広く分かれており、「ヘッドスパ1,000円」などと謳われているお店では、スカルプケアもできるシャンプーやトリートメントで髪を洗ってちょっとマッサージする、という簡単な方法です。

ケアリストの行うケアは実に繊細、かつ充実していて、カウンセリングから頭皮のオイルマッサージ、クレンジング、トリートメント、首・肩のマッサージまでしっかりと行う上に、健康な髪を維持するための日常生活のアドバイスも行いますので、専門的な知識が必要になります。
そのため、ケアリストの資格も存在しており、ケアリスト専門で施術を行っている人は、多くがその資格を取得しています。

ちなみにヘッドスパなどの施術においては、多くのお客さんがカットやカラーの施術と一緒に受けるようですが、できればヘッドスパは単体で施術を受けるほうが、その効果は高まるのだそうです。
ヘッドスパはヘアスタイルを変えることはなく、癒やし効果を与えると共に頭皮や髪のケアを行うものになるため、その癒やしを十分に堪能するには、ヘッドスパの施術だけを受けに来店するのが望ましいのだとか。

ケアリストに資格は必要か?

ケアリスト専門で施術を行うということであれば、カットはしないので美容師免許がなくても民間のケアリストの資格のみで仕事をすることは可能かと思われますが、現在日本で活躍しているケアリストのほとんどが、美容師免許を取得しています。
美容師として仕事をする中で、自分の方向性を考えてケアリストに進んだ、という人が多いということも理由のようです。
最近はケアリストを常駐させる美容室が増えていますので、需要も高まってきているようです。
美容師としてさらに一歩踏み出したいという人は、ケアリストとしての道を進むというのもひとつの方法かもしれません。