1. >
  2. >
  3. 理容室のタイプ

理容室のタイプ

理容室を変えようと思ったら

Kさんは、これまで理容室で髪をカットしていましたが、最近美容室に切り替えました。
以前は髪をかなり短くしていたけれど、最近は少し長めのヘアスタイルを楽しみたいと思うようになったので、美容室のほうが長めのヘアスタイルは上手なんじゃないかな、と思ったことと、理容室と併設している美容室を見つけたからだそうです。

通いたいのは美容室だけれど、たまにもしかしたら顔剃りなんかはお願いしたいかもしれない。
そういうときに、美容室と理容室が併設しているサロンがあると、とても便利ですよね。Kさんはそのサロンを見つけてから、カットは美容室で、顔剃りなどは理容室でと使い分けて、かなり快適な美容室ライフを送っていらっしゃるのだとか。

実際に通うようになってみると、やっぱり男性でも美容室に通われている方はとても多い様子。
そのサロンが理容室と併設しているから通いやすいという、Kさんと同じ考え方なのかもしれませんが、どちらかというと長めのヘアスタイルにしている方は美容室へ、パーマなどをかけないで短めにカットしている方は、理容室に行かれているそうです。

あと、同じ美容室でも、男性の美容師さんがいないサロンには行けないかもしれない、とKさんは言います。
「なんとなく女性に囲まれた環境では恥ずかしいので、男性がいたほうが落ち着く。そういった意味でも、理容室と併設されている美容室だと安心感がある」のだとか。
こうした、理容室と美容室が併設されているサロンは、最近少しずつ増えているようですが、まだたくさんあるとはいえません。
けれど、理容室から美容室にシフトしたいと考えている方の登竜門としては、こういった形態のサロンはかなりおすすめだといえそうです。

併設のメリット

また、美容室に通っている女性も、理容室が併設されていると、イベントの前に顔剃りをしたりといったことが気軽にできるから助かるのだとか。
理容室に顔剃りに入るのはちょっと抵抗があるけれど、美容室と同じ入り口から入ることができたら、あまり恥ずかしくないとのことで、これもすごくわかります。
最近は女性向けのメニューを取り入れている理容室が多いようですが、なかなか入りにくかったりしますよね。また、髪をロングからショートにバッサリ切ったあとに、顔そりをしてよりスッキリしたいときなんかも、理容室にすぐ移動できると助かります。
理容室を利用したい女性の登竜門としても、こういったサロン形式はぴったりのようです。